amazon

2014年10月2日

懐かしのディズニーランド

もう10年位行っていなかったディズニーランドに、ひょんな事から行かれることになった。
そして昨日になって突然、今日行くことに決めた。
土日じゃないから、そこまで混んでいないだろうと思っていたら、見事に予想はハズレ、リニューアルしたばかりのジャングルクルーズなんて、ピークは80分待ち、終園時でも1時間待ちだった。
基本的にはファストパスを駆使して、ほとんど並ばずに乗れたけど、ジャングルクルーズだけは無理で、1時間並んだ。
考えてみると、食事場所の選択肢がわりと微妙だったかもしれない。
決して安いとは言えない園内のレストランだけど、値段の幅とグレードの差のチョイスが難しい。
カレーとかラーメンじゃちょっと物足りないし、かと言ってビュッフェじゃ大袈裟過ぎる。
学生が友達と来ているわけじゃないから、ハンバーグステーキ&ライスくらいが適当なのかもしれないけど、本当にただそれだけの見るからにチープなメニューに2000円以上とか、ちと気が引ける。
値段の問題ではなく、値段と内容があまりにもかけ離れているという感覚。
だったら担々麺でいいやと思っても、それさえ1300円くらいする。
ディズニーランドは楽しいから好きだけど、食事問題だけ、いつも頭を悩ませる。
そもそも、食事のために貴重な時間(?)を取られたくないという人も多いことだし、クレープとかそういうものではない、もっとちゃんとしたファストフードを作ればいいと思うのだけど、これだけの長期間にわたって作る気がないということは、きっと政治的な力が働いているのだろう。

ミッキーマウスも歓迎してくれた朝。。


0 件のコメント: